石見銀山

ガイドさんと一緒に周りました^^ ひとり500円です。
なので、歴史的背景なども織り交ぜながら解説してくださるので、大変面白かったです。
もしもガイドさんなしだったら、あっという間に見学し終わってたかもしれません。
レンタサイクルを利用してる人が多かったけど、歩いたほうがより楽しめると思いました。

観光案内所からスタート~

渡邊家、武家屋敷。代官所で坂本氏の遺宅。休憩所として公開されてるようですが閉館でした。残念。。

b0282042_17440696.jpg
b0282042_18121532.jpg
よく見ると小笠原家の家紋だった。一時期、2年ぐらい、小笠原家が銀山を所有してる時代があったようです。
その後は大内家が奪取しています。

b0282042_18132624.jpg
b0282042_18134753.jpg
山吹城跡が見えてます。大内、尼子、毛利と戦国時代は奪い合いです。

b0282042_18151926.jpg
博多の豪商 神屋寿禎(神谷宗湛の祖父)が大内庇護のもと開発し鞆ケ浦から博多へ銀を運んでいたそうです。銀山街道は今も歩けるようです。

遊歩道沿いを歩いて龍源寺間歩へ向かいます。

b0282042_18414366.jpg
b0282042_18423510.jpg
安養寺~清水寺とめぐり川を渡って道路にでます。
お墓がありました。墓石のお名前は違いますが、博多屋とあります。祖は神屋寿禎とありました。子孫の方々なのでしょうね。

b0282042_18470307.jpg
b0282042_18512806.jpg
銀山街道は中国自然歩道でした。

b0282042_19022095.jpg
山組頭 高橋家遺宅 代官所と山師の取次役する役職だそうですよ。

b0282042_19045702.jpg
いよいよ間歩(坑道)へ 410円

b0282042_19120394.jpg
b0282042_19125865.jpg
b0282042_19135113.jpg
b0282042_19143813.jpg
b0282042_19153083.jpg
b0282042_19160341.jpg
坑内はヒンヤリしてました。

戻りは道路歩きです。

本物の木かと思ったら、よく見たら偽木の電柱でした。世界遺産なので景観に気を付けてらっしゃいます。

b0282042_19174940.jpg
佐毘売山神社だったかな、鉱山の神様 仙ノ山へと続いてるそうです。

b0282042_19230082.jpg
確か、山吹城登山口だったと思います。

b0282042_19243775.jpg
豊栄神社 毛利時代のもので毛利元就が祀られているそうです。江戸末期 長州軍がここまで進軍してきたら荒れ果てていて、整備したのだそうです。今、また、改修工事中みたいです。

b0282042_19310958.jpg
b0282042_18433404.jpg
見どころいっぱいの石見銀山でした。山吹城跡行ってみたい~~~距離5キロらしい。

訪れたのが火曜日で世界遺産センターもお休みだったし、あちこち休みだった。ちょっと残念だったけど人があんまり多くなくてよかったかもしれない^^

[PR]
by tikuzenootomo | 2017-10-06 19:38 | ぶらり紀行 | Comments(0)

九州の山を歩いています~できるだけ多くの三角点を訪ねます♪


by tikuzenootomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31