VS清正なのかな

肥後国人一揆で最後まで籠城し戦った田中城の和仁氏。その田中城に居合わせた主人公が、籠城戦から文禄の役慶長の役まで話が及ぶストーリー。
主人公は肥後人の誇り高く、義を貫く精神の持ち主で、岡本越後守という。物語では甲斐氏の家臣だったという岡本家。清正に従うことになるが、朝鮮では投降し朝鮮側として戦うというお話になっている。一途で頑固で不器用な主人公ですよ~まったく。読み応えありました。

岡本越後守って人物を調べてみたら、確かに清正の家臣にいた。物語になかで登場する和仁氏の姫たけ。越後が一途に慕ってるたけ姫は、赤星氏の姫でいた。赤星氏は菊池氏の流れですね。清正は菊池の姫たちを側室にしている。
あと、岡本越後守が沙也可という人物ではと言われてるらしい。沙也可って鉄砲の達人ですよね。ゲームにも登場しているし。
そんなこんな調べてると、今まで知らない歴史に触れる思いでした。

もののふ莫迦 中路啓太著

b0282042_11401961.jpg

[PR]
by tikuzenootomo | 2017-12-23 14:26 | 最近読んだ本・・ほぼ時代劇だけど | Comments(0)

九州の山を歩いています~できるだけ多くの三角点を訪ねます♪


by tikuzenootomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31