人気ブログランキング |

九州の山を歩いています~できるだけ多くの三角点を訪ねます♪


by nanase
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

うきはでぶらり神社

吉井町の小学校のそばだったかな。。

素戔嗚神社。

明治初期の神仏分離令により、廃寺になった東光寺が改称して素戔嗚神社になったとか。また東光寺は、久留米城内の慈恩院祇園寺の末寺だったそうな。
祇園祭があるのはそういう由来からなのだろうか。
なぜ素戔嗚神社という名前になったのかは、素戔嗚神社は祇園信仰の神社だったからかな。。

ちなみに東光寺は、日田の儒学者 広瀬淡窓の母さまのご実家だそうです。
住職の娘が日田の豪商に嫁す。東光寺の寺号は久留米藩主有馬公から授与されたとあるし、日田は天領だし。。。
いろんな結びつきを感じるね。

うきはでぶらり神社_b0282042_11405298.jpg
浮羽町山北。

賀茂神社。

賀茂氏には系統が3つあるらしい。
こちらの神社は、神武天皇が祀られている。御祭神でもある賀茂建角身命は八咫烏に化身して神武天皇を導いたとある。
京都の賀茂神社の系統だろうか。
また、征西将軍懐良親王も祀られていた。水路があって雅~みやび~だった。大祭に浮羽おくんちがあるんだって。

うきはでぶらり神社_b0282042_13525822.jpg
うきはでぶらり神社_b0282042_13545310.jpg
浮羽町流川。桜並木でも有名らしい。

浮羽稲荷神社。

こちらは、鳥居が山に向かっている光景が目を引きます。

お稲荷様なので農業の神様であり商売の神様。
お稲荷様とは何か、、、秦氏の氏神様だとか。秦氏は渡来民で秦の始皇帝の末裔で百済から日本にやってきた。まず拠点にしたのは豊前国で、各地に進出して土着していったんだね。京都が本拠地になったころは、賀茂氏とも関係が深かったとされている。
また、秦氏は松尾大社(京都)も氏神様としていて御祭神は大山昨神で山の神様。松尾大社は酒造の神様としても信仰を集めているようだ。

そう浮羽稲荷神社は、農業・商売・お酒の神様が祀れれているのだ。あと、学問の神様の菅原道真公も。


うきはでぶらり神社_b0282042_16322411.jpg
うきはでぶらり神社_b0282042_16325727.jpg
うきはでぶらり神社_b0282042_16334483.jpg
そうそう、こちらの小高いお山付近は、戦国時代に問註所氏の井上城があったそうです。耳納連山の一番東端になるそうです。
こんなに景色がよくて長閑なのに、合戦場だったんだね。

こちらでは御朱印がいただけます。
社務所が無人の際は、近くにあるスーパーでもいただけます。300円です。


またゆっくり訪ねてみたい、うきはでした。



# by tikuzenootomo | 2021-02-26 17:03 | ご朱印の旅 | Comments(0)

雪の跡

寒い年明けでしたね。ブルブル((+_+))
福岡も緊急事態宣言が発令されました。買い物には出かけないといけないし、スーパー、人が更に増えるのかな。。今でも多いのに。。。。。

買い出しのついでに散歩登山。久しぶりに歩くときついけど心地よいですね♪
雪が残ってました^^

雪の跡_b0282042_17340208.jpg

# by tikuzenootomo | 2021-01-14 17:36 | 登山 | Comments(0)

羽金山と周辺ピーク

羽金山は初めてです^^
はがね山標準電波送信所がある山ですね。佐賀県富士町あたりからもアンテナがよく見えます。
背振山系の縦走路でもあるルートを少し歩いてみました。

白糸の滝からスタートです。久しぶりに来たけど、とても整備されていますね♪賑わうわけだ。

しばし道路歩きをして、デッキ橋と書かれたあたりから登山道へ入りました。荒川峠からの道に合流して、桃子というピークに立ち寄ってから、羽金山へ向かいました。十坊山から続いているこの縦走路、いつか歩いてみたいものです。

羽金山と周辺ピーク_b0282042_15492452.jpg
羽金山と周辺ピーク_b0282042_15521044.jpg
次は河童山。

羽金山と周辺ピーク_b0282042_15542246.jpg
いよいよ羽金山です。

羽金山と周辺ピーク_b0282042_15561934.jpg
インターフォンで係りの方に登山者であることを伝えて、入れてもらいます^^

羽金山と周辺ピーク_b0282042_15592094.jpg
基地って感じでカッコいいです。

獅子舞岳へ向かいます。施設から道路歩きで少し下ったところです。

羽金山と周辺ピーク_b0282042_16060953.jpg
施設近くまで戻ったあたりに、白糸の滝へ戻るルートがあるようなので、そこから帰ることにしました。

羽金山と周辺ピーク_b0282042_16120477.jpg
羽金山と周辺ピーク_b0282042_16141406.jpg
楽しかった^^

羽金山と周辺ピーク_b0282042_16145139.png

# by tikuzenootomo | 2020-12-19 16:19 | 登山 | Comments(0)

曲渕から嘉瀬川ダム

曲渕ダムの側に山神社がある。戦国時代は山城だったとか。曲渕氏は糸島の原田氏に属していて、三瀬城の神代氏は大友氏に属している。曲渕氏は元々、武士ではなかったらしいが、場所が場所だけに時代に沿った生き方をしたのかもしれない。
一所懸命の人だったのだろう。

曲渕から嘉瀬川ダム_b0282042_13132675.jpg

ちなみに、山神社は、曲渕ダムに水没するため、山城跡に移されたらしいです。

三瀬峠を抜けて、嘉瀬川ダムの道の駅へ。

曲渕から嘉瀬川ダム_b0282042_13334190.jpg

食事ができるので立ち寄りました。
ダムを見ながら、蕎麦といなり寿司を食しましたが、カレーとかも美味しそうだったなぁ~

曲渕から嘉瀬川ダム_b0282042_13384942.jpg

ダム周辺を散歩できます。
ダムの下には村が沈んでいるそうです。

曲渕から嘉瀬川ダム_b0282042_13431470.jpg

佐賀で見つけたお土産二選。
プリンとシュークリーム🎵

曲渕から嘉瀬川ダム_b0282042_13451873.jpg

ご当地グルメは味わいたい💓

# by tikuzenootomo | 2020-12-09 13:16 | さんぽ | Comments(0)

勢福寺城跡 佐賀神埼市

勢福寺城は1353年 足利尊氏の命でやってきた一色直氏によって築城されたんだとか。
九州での戦いに敗れた一色氏は京都へ戻ったそうです。その後は、菊池氏~少弐氏~江上氏と城主が移っていきます。
ここは、少弐氏と龍造寺氏、鍋島氏が一所懸命の足跡が残る場所のようなきがします。

標高は一番高いとこで、196mと低いですが、奥行き深い山城です。
山の下を高速道路が通っています。

勢福寺城跡 佐賀神埼市_b0282042_13524322.jpg
登山口は種福寺の裏手にありました。

勢福寺城跡 佐賀神埼市_b0282042_13540816.jpg
勢福寺城跡 佐賀神埼市_b0282042_13555589.jpg
勢福寺城跡 佐賀神埼市_b0282042_13584611.jpg
勢福寺城跡 佐賀神埼市_b0282042_13564806.jpg
勢福寺城跡 佐賀神埼市_b0282042_14005033.jpg
勢福寺城跡 佐賀神埼市_b0282042_14025124.jpg
勢福寺城跡 佐賀神埼市_b0282042_14022940.jpg
曲輪、堀切、土塁がよく残っていました。

仁比山∼朝日~種福寺へ至る道が、神埼八十八ヵ所の巡礼道となってるそうです。また周辺はウォーキングコースとしても整備されていました。

17代続いた少弐氏滅亡の地であり、最後の当主は龍造寺隆信の次男・江上氏(江上家種)だった。そして、佐賀の国主になったのは鍋島氏だ。
その鍋島氏は、少弐15代当主の弟が継いでいる。当主にとって、できる部下を持つのは危険この上ないことではあるが、部下ができが良くないと家が続かないのも事実。やはり信頼関係が何よりの力なのかもしれない。

勢福寺城跡 佐賀神埼市_b0282042_16175882.png

# by tikuzenootomo | 2020-10-06 16:40 | 戦国のたび | Comments(0)