春らしくなってきた^^

b0282042_16071870.jpg
春らしいお花が店頭で見かけるようになりました^^ 見ているだけで和みますね。ついつい買っちゃう~♪

葉室先生の作品を2冊読みました。

一つは幕末の秋月藩のお話です。
尊王攘夷の風の中、藩のために奮闘する臼井亘理だったが、不幸にも藩内で落命してしまう。
まだ幼かった嫡子六郎は、父の仇討を誓うのです。
そうです。日本史上最後の仇討の小説なのです。実話です。幕末から明治へと人の生き方が変わる時代だったですね。。。
青空を見よ。葉室先生らしい言葉で締めくくられています。

蒼天見ゆ 葉室麟著

二つ目は江戸時代です。藩と藩の境界にある、峠の茶店を営む夫婦のお話です。
元は武士と武家の妻女が藩を離れて、ようやく安住の地の茶屋を中心に物語が展開していきます。
人情味たっぷりで、相手を思いやるとはこのことだなあと感じさせてもらいました。面白かったです。
始まりは雨、締めくくりも雨。なるほどです^^

峠しぐれ 葉室麟著

b0282042_15380124.jpg


[PR]
Commented by jinashi at 2018-03-05 13:12
峠しぐれ~読みかけです。
眠る前の睡眠本になっていてなかなか先に進みません^^;
蜩の記では国東の七島蘭(しっとうい=畳表につかう)が出てきてちょうど世界農業遺産登録後のいいタイミングでした。
これからという時に亡くなって残念です。
Commented by tikuzenootomo at 2018-03-06 13:27
じなしさん、こんにちは^^
峠しぐれお読みでしたか♪
葉室先生らしい、人の心を慮る作品です。
もっともっと作品読みたかったので、亡くなられて残念でなりません。
七島藺、豊後のとある藩で作品に登場してましたね。
今回、七島藺の草履を買って帰ろうと思ってたら、買うの忘れてました^^;


by tikuzenootomo | 2018-03-02 15:40 | 最近読んだ本・・ほぼ時代劇だけど | Comments(2)

九州の山を歩いています~できるだけ多くの三角点を訪ねます♪


by tikuzenootomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31